日本の鉄道 JR北海道 鉄道 駅弁・車内販売ほか 記録 2006/7北海道

8,苫小牧から滝川へ:JR千歳線・石勝線・室蘭本線・函館本線:2006/7/30【2006/7北海道】

投稿日:2019年5月26日

【スポンサーリンク】



この日は、この後、根室本線の滝川~富良野間と富良野線に乗ることにしていた。滝川を13時34分に出る根室本線に乗るべく、滝川へ向かう。

滝川までのルートはいくつかあるが、今回は、南千歳から石勝線で追分まで行き、そこで室蘭本線に乗り換えて岩見沢を経由して滝川に行くことにした。それでも時間は余るので、新千歳空港に寄り道していくことにする。

 

2006/7/30:JR室蘭本線・千歳線:普通:苫小牧→南千歳

駅弁を買ってから、苫小牧を9時39分に出る、千歳線直通の普通手稲行きに乗車する。この列車は6両編成で、前3両がロングシートの731系、後ろ3両がクロスシートの721系だった。短時間ではあるがクロスシートの車両に乗車した。車内はがら空きであった。

列車は、先発する9時35分発のスーパー北斗1号札幌行きの遅れのため、2分遅れで苫小牧を出発した。

この列車は、南千歳まで沼ノ端と植苗に停車するが、美々には停車しない。一見すると新千歳空港に近いように見える美々駅であるが、空港のターミナルビルは滑走路を挟んだ向こう側であるため、美々駅から空港へ徒歩で行くことは困難である。これは有名な話らしい。美々に停車しない理由は分からないが、純粋に利用客が少ないということなのだろう。

南千歳には2分遅れの10時に到着した。ここで降りて、一旦改札をでる。南千歳駅は、新千歳空港開業の1992年までは千歳空港駅であった。自動車道を挟んだ向こう側は、現在では自衛隊の千歳基地となっている。駅構内はガランとしていて、人も多くない。

 

2006/7/30:JR千歳線:快速エアポート94号:南千歳→新千歳空港

南千歳を10時13分に出る快速エアポート94号で新千歳空港まで行く。車内は混雑していたのでデッキで立っていた。10時16分、新千歳空港に到着した。

 

2006/7/30:JR千歳線:快速エアポート103号:新千歳空港→千歳

そのまま、向かいのホームから出る10時19分発の快速エアポート103号旭川行きに乗り換えた。この列車は札幌から特急スーパーホワイトアロー9号となるため、特急用の785系での運行である。そこそこ混雑していたが空席はあった。大きなヘッドレストが目立つリクライニングシートに座ることができた。座り心地は非常によい。この列車で、次に乗る列車の始発駅である千歳まで行く。

 

【スポンサーリンク】

 

2006/7/30:JR千歳線・石勝線:普通:千歳→追分

千歳で、向かいのホームから出る、10時32分発石勝線直通新夕張行きの列車に乗る。車両はキハ40系で、1両での運行だった。

この列車も客が少なく、ワンボックス占領することができた。

ここで、苫小牧で買った駅弁を食べる。苫小牧の「まるい弁当」製の「幕の内弁当」である。平凡な幕の内ではあったが、筋子が入っていたのが北海道らしかった。

10時32分に千歳を出発する。先ほど来た道を南千歳まで戻り、南千歳から石勝線に入る。この区間は意外と歴史が新しく、南千歳~追分間の開業は1981年のことである。それ以前は、札幌から釧路へ直通する列車は滝川から根室本線を経由していたらしく、この区間の開業によって大幅な時間短縮となったようである。

時刻表を見ると、この列車は南千歳~追分間の17.6㎞を24分かけて走ることとなっている。この数値だけで単純計算をすると、時速44㎞で走ることとなるので、相当鈍足だと思った。だが、実際は、途中の西早来信号所で釧路発の特急スーパーおおぞら2号と交換するためにしばらく停車したので、もっとスピードを出していたのだろう。

11時02分に追分に到着した。

 

【スポンサーリンク】

 

2006/7/30:JR室蘭本線:普通:追分→岩見沢

既に隣のホームには11時16分発の室蘭本線岩見沢行きが停車していた。

岩見沢行きの列車も空いていて、ボックスを占領できた。11時15分、定刻に追分を出発する。列車は延々と水田地帯を走る。実はこの前の年もこの区間に乗車していたのだが、そのときはまだ雪があり、風景は全く異なって見えた。岩見沢には12時に到着した。

 

2006/7/30:JR函館本線:普通:岩見沢→滝川

12時30分発の函館本線普通滝川行きは、717系での運転だった。今回2回目の717系である。2両目に乗車する。

3両編成の車内は空いていて、またもやワンボックスを占領できた。この区間にも1年前に乗車したが、今回は雪がないために全く違った風景に見えた。途中の美唄で客の大半が降りて、車内はいっそう空席が多くなった。終点の滝川には13時11分に到着した。

 

【スポンサーリンク】



-日本の鉄道, JR北海道, 鉄道, 駅弁・車内販売ほか, 記録, 2006/7北海道

Copyright© ピーナッツの旅行記録 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.