日本の鉄道 JR北海道 鉄道 記録 2006/7北海道

7,室蘭から苫小牧へ:JR室蘭本線:2006/7/30【2006/7北海道】

投稿日:2019年5月26日

【スポンサーリンク】



2006年7月30日日曜日。この日は東室蘭から旭川を目指す。

7時10分にホテルを出発し、東室蘭駅へ向かう。

朝飯は、駅の自動販売機で熱々の焼きおにぎりを買って食べた。

東室蘭駅駅名標。

 

2006/7/30:JR室蘭本線:普通:東室蘭→室蘭

室蘭本線は、長万部から岩見沢の本線と、東室蘭から室蘭の支線とで構成されている。本日はまずこの支線部分に乗車する。

本日最初の列車は、7時38分発の室蘭本線普通室蘭行きである。

この列車は登別始発の列車で、東室蘭には7時37分に到着した。赤色の717系3両編成で、1両目と3両目が3扉に改造されている車両だった。客は高校生が多かったが、それでも空席の方が多かった。

列車は東室蘭を定刻で出発した。大きな工場に沿って走っていく。この路線は複線であった。10分程度の区間であるから単線だろうと勝手に考えていた。

東室蘭の1つ手前に「母恋」という名の駅がある。「母恋」の語源は、アイヌ語の「ポクセイオイ」で、これは「ホッキ貝がたくさんあるところ」という意味らしい。もっとも、「母恋」とは響きも良く、母を恋すとも読めるので、母の日のプレゼントに入場券がよく売れるそうである。海に近く、現在でもホッキ貝がとれるらしい。

室蘭には7時51分に到着した。

室蘭駅の駅舎は、円柱状の変わったデザインであった。

 

2006/7/30:JR室蘭本線:普通:室蘭→苫小牧

駅の写真を撮っただけで再びホームに戻り、折り返し8時発の苫小牧行きに乗る。

苫小牧行きの列車は先ほどと同じ車両で、2両目に乗車した。少数の客を乗せた列車は、定刻に室蘭を発車した。

車内。

東室蘭駅のホームでは、多数の客が列車を待っていたが、この列車には乗ってくる客はほとんどいない。後続の特急すずらん5号札幌行きを待っているようであった。

この列車は、途中の竹浦で特急すずらん5号に追い抜かれる。

鷲別を出ると、しばらく海に沿って走る。

各駅で少しずつ客が乗ってくる。

温泉で有名な登別を出ると、お城のような建築物が見えるが、これは水族館らしい。

苫小牧には定刻9時23分に到着した。

 

【スポンサーリンク】



-日本の鉄道, JR北海道, 鉄道, 記録, 2006/7北海道

Copyright© ピーナッツの旅行記録 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.