日本の鉄道 鉄道 私鉄(東) 記録 2006/12信越

6,長野電鉄:2006/12/2【2006/12信越】

投稿日:2019年5月27日

【スポンサーリンク】



JR長野駅のみどりの窓口で、「信州北回廊パス」を購入した。長野電鉄や長野近郊のJR線・しなの鉄道線の一部区間、一部のバス路線に乗車できる企画乗車券である。長野電鉄を全線完乗するだけで元が取れるので、私には都合がよい。

 

2006/12/2:長野電鉄長野線:特急:長野→湯田中

長野電鉄の長野駅へ行く。地下駅である。

長野を12時15分に出るA特急湯田中行きに乗車する。

特急列車に乗車するには、100円の特急券が必要であった。

車両は長野電鉄2000系である。1957年から1964年にかけて製造された、長野電鉄の特急形車両である。

車内(後ほど撮影)。

車内は空いていた。先頭のボックスに座る。

車窓から。柳原駅と村山駅との間で、鉄道と自動車の併用橋を渡る。

終点の湯田中には12時58分に到着した。

湯田中駅。

 

【スポンサーリンク】

 

湯田中駅前。

湯田中駅のすぐ側には足湯があった。せっかくなので足を入れてみた。

 

【スポンサーリンク】

 

2006/12/2:長野電鉄長野線:特急:湯田中→小布施

湯田中からは、折り返し13時26分発の長野行きに乗車する。

特急券。

小布施には13時48分に到着する。ここで降りる。なぜこの駅で降りたのかは忘れたが、時間があったからであろう。

隣からは、東急で走っていた車両が出発していった。

小布施駅改札口。

小布施駅には、古い車両が展示されている。

 

小布施駅のホームからの風景。

小布施駅からは、妙高山をはじめとした山々が見える。

 

【スポンサーリンク】

 

2006/12/2:長野電鉄長野線:普通:小布施→須坂

14時00分発の普通列車で須坂まで行く。もともと営団地下鉄日比谷線で走っていた車両であった。

須坂には14時07分に到着した。

 

須坂駅付近。

 

須坂駅。

須坂駅ホームから見ることのできた車両。

 

【スポンサーリンク】

 

2006/12/2:長野電鉄屋代線:普通:須坂→屋代

須坂から、14時28分発の屋代線屋代行きに乗る。屋代線は、須坂から屋代までの24.4kmを結ぶ路線であった。

屋代には15時05分に到着する。

屋代駅の長野電鉄線ホーム、待合室は、歴史が感じられる。

なお、長野電鉄屋代線は、2012年4月1日に廃止された。

屋代駅。しなの鉄道線との接続駅である。

 

【スポンサーリンク】



-日本の鉄道, 鉄道, 私鉄(東), 記録, 2006/12信越

Copyright© ピーナッツの旅行記録 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.