日本の船 記録 2014/7北海道

5,知床:知床観光船「知床岬航路」:2014/8/1【2014/7北海道】

投稿日:2019年8月18日

【スポンサーリンク】



2014年8月1日金曜日。この日は、道東観光開発の知床観光船で知床岬を見てから、網走へ向かうことにしていた。

7時に起床する。雨が降っている。大浴場で朝風呂をしてからレストランに行き、朝食をとる。

9時20分、朝に予約しておいた送迎車で、知床観光船の切符売り場まで送ってもらう。朝方の雨はやんで、晴れている。道も乾いていて、雨が降った痕跡すらない。運転手によると、知床の天気は変わりやすいという。

既に予約はしていたので、切符売り場で観光船の料金を支払い、乗船券をもらう。知床岬航路は1人6500円である。弁当売り場があったので、3人分の弁当を注文する。すぐには準備できないとのことであったが、出発までに船に届けてくれるとのことであった。

乗船場へ向かう。

乗船場には既に知床観光船「おーろら」が待機していた。

船内で特別席にアップグレードする。1人600円。特別席も最終的には満席になる。ツアーのバッジをつけた客も多い。

まもなく携帯電話がなる。弁当の準備ができたとのことであった。船の入口で弁当をもらう。

10時、定刻に出航する。流氷で造ったビールやサイダーが売店で売られているようで、その案内が繰り返し流れる。早速ビールで一杯やっている観光客も多い。

見所ではアナウンスが流されるし、また時々は乗務員もマイクで案内をする。

いるかの群れが船とすれ違ったのが見えた。

お弁当。美味しかった。

 

知床岬には11時45分頃に到達した。視界が良ければ国後島が見えるようだが、今日は無理だった。6年前にも、同じ船でここまで来ているのだが、そのときも見えなかった。

ここからウトロへ引き返す。知床岬到達証明の絵はがきをもらう。6年前と同じものである。2枚目である。

 

復路。

ウトロ港には13時40分に到着した。

 

【2014/7北海道】

4,女満別空港から知床・ウトロへ:網走バス「知床エアポートライナー」:2014/7/31【2014/7北海道】

5,知床:知床観光船「知床岬航路」:2014/8/1【2014/7北海道】【←本記事】

6,ウトロから知床斜里駅へ:斜里バス「知床浪漫ふれあい号Cコース」:2014/8/1【2014/7北海道】

 

【スポンサーリンク】


 

【知床の過去の旅行記録】

20,知床(4)知床自然センター・フレペの滝:2006/8/1【2006/7北海道】

19,知床(3)知床五湖:2006/8/1【2006/7北海道】

18,知床(2)知床観光船知床岬コース:2006/8/1【2006/7北海道】

17,知床(1)オロンコ岩:2006/8/1【2006/7北海道】

 

【スポンサーリンク】



-日本の船, , 記録, 2014/7北海道

Copyright© ピーナッツの旅行記録 , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.