街めぐり 記録 ドイツの街めぐり 2012/2ドイツ

45,フランクフルト市内観光:2012/3/2【2012/2ドイツ】

投稿日:2019年7月23日

【スポンサーリンク】



ホテルのフロントに、市内観光ツアーの宣伝があった。次の出発時刻は16時30分とのことである。フランクフルトを時間をかけて観光する予定はなかったので、少々値は張るが、これを使って見るべき所を見ておきたい。フロントに予約したい旨を告げると、このホテルの隣にオフィスがあるという。

オフィスまで行き、16時30分のツアーを予約し、28.50ユーロをカードで支払う。

ツアーのチケット。

16時20分頃に、ツアー客が集まってくる。集まるといっても私を含めて5人である。中にはこのまま空港に行くという人がいて、スーツケースを持っていた。

ツアーの出発場所はフランクフルト中央駅の前であった。すぐ近くではあるが、車で送ってくれる。

ガイド氏はかなり太っており、黒いハンチングを被っている。映画で悪の親玉として登場しそうな風貌である。クリアな英語を話すので、非常に聞きやすかった。

 

【スポンサーリンク】


 

駅前で待っていると、2階建てバスが到着する。乗るように促される。1組の夫婦は奥さんが足が悪いようで、1階の席に座る。もう1組の夫婦と私が2階に上がる。必然的に、一番前の席に座る。

出発まで多少時間がある。飛び込みの客が2人現れる。英語をしゃべる若い女性2人組であった。私の席の後ろに座る。この女の子達はやたらと写真を撮っていた。

ガイドがまず最初に言ったことは、「フランクフルトは"Business"の街であり、"Tourist"の街ではない」ということであった。たしかに、ベルリンでは見られなかった近代的な超高層ビルがここフランクフルトには多い。世界中のビジネスマンが集まる街で、その玄関たるフランクフルト空港はヨーロッパで2番目の大きさを誇るという。

街には、ガラス張りの近代的な建物も多いが、一方で古そうなヨーロッパ風の建物がある通りもある。

日本食の店もちらほらと見つかる。

デモの関係で、途中で渋滞に巻き込まれる。ガイド曰く、フランクフルト空港に新しい滑走路を建設する計画があり、騒音問題などからそれに反対するデモが行われているらしい。その影響で一部の道路が封鎖され、車の通行ができなくなったわけである。

 

【スポンサーリンク】


 

しばらくはバスの中で待たされたが、既に市庁舎の近くということでバスを降ろされ、ガイドが前に立って案内をして歩く。市庁舎の前で15分ほど自由行動となった。自由行動になる前に、ガイドが「時間になったらバスは出発します。私も早く家に帰りたいので……」などと言って笑わせる。

デモをやっている関係で市庁舎が大勢の人で埋め尽くされている。殺伐とした感じは全くなく、むしろワイワイとやっているが、人混みの中に入る気はしない。近くを眺めただけで、5分前にバスに戻る。

乗車した観光バス。

市庁舎前を出ると、バスは出発地のフランクフルト中央駅前に戻る。18時30分に駅前のツアーオフィスに到着した。

 

夕食はフランクフルト中央駅でホットドッグを買って食べた。"Chilli"と書いてあったソーセージを選んだら、かなり辛かった。

夜のフランクフルト中央駅前。

 

【スポンサーリンク】



-街めぐり, 記録, ドイツの街めぐり, 2012/2ドイツ

Copyright© ピーナッツの旅行記録 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.