インドネシアのバス バス 記録 2013/10インドネシア

35,ジャカルタ中心部からタマンミニへ:2013/11/5【2013/10インドネシア】

投稿日:2019年8月15日

【スポンサーリンク】



2013年11月5日火曜日。この日は1日ジャカルタに滞在する。この日はタマンミニ(Taman Mini Indonesia Indah:TMII)というところに行ってみる。タマンミニは、簡潔に言えばインドネシアの各地の文化を体験できる大型テーマパークであり、日本のガイドブックでも紹介されている。もっとも、私の目的は交通博物館とモノレールである。

9時に起き、マクドナルドで朝食をとる。エッグマフィンを食べる。ネットブックをwifiにつなぎ、メールチェックをすませる。

タマンミニはジャカルタの郊外にあり、街中からは直通で行く手段がない。カンプン・ランブータン(Kp Rambutan)からバスが出ているというので、まずトランスジャカルタ(Transjakarta)を乗り継いでカンプン・ランブータンバスターミナルまで向かうことにする。

10時半にホテルを出て、バジャイでオリモ(Olimo)へ向かう。

 

2013/11/5:Transjakarta:Koridor 1:Manggabesar → Harmoni Sentral

トランスジャカルタのマンガブサール停留所に行く。

モニターにはバスの現在位置が表示される。

トランスジャカルタはなかなか来ない。来たと思ったら大混雑で乗車できない。3台連続で乗車拒否され、ぎゅうぎゅう詰めの4台目に、他の客数名と半ば強引に乗り込んだ。トランスジャカルタは近年路線網を増やしているようだが、それゆえ車両が足りていないのだろう。しかし、昼間であるにもかかわらず乗車までに2,30分かかるのは、問題であろう。この国の人、穏やかだが、怒りが爆発すると、駅を封鎖したり、列車を止めたりしているようである。トランスジャカルタの道路とか駅とかが封鎖されなければよいがと、人ごとながら不安になる。もっとも、道路を封鎖したところで、迂回すれば良いだけだから、鉄道よりは影響は少ない。一大拠点であるハルモニが封鎖されない限り、実のところあまり影響は出ないかもしれない。

 

2013/11/5:Transjakarta:Koridor 7A:Harmoni Sentral → Cawang Otista

ハルモニからは2番のバスでスネン(Senan)まで行き、そこで5番のバスに乗り換えようと思う。しかし、2番のバス乗り場は、既に長い列ができており、私の番が来るまで、少なくとも3台くらいは待たないといけない状態であった。しかも、20分たってもバスは来ない。もともと長い列がますます長くなるだけであった。

ふと路線図を見ると、7Aのバスの方が都合が良さそうなことに気づき、7Aの乗り場に移動する。バスが来ていて発車するところだったので、飛び乗る。こちらはあまり混んではいない。

走り始めれば早い。Cawang Otistaまで行き、ここでカンプン・ランブータン行きの7番のバスに乗り換えることにする。しかし、今度は7番のバスが20分たっても来ない。

 

さすがに我慢の限界を感じ、改札を出て、タクシーを捕まえる。ブルーバードと並んで安全と言われているエクスプレスタクシーに乗り、タマンミニへ向かう。途中高速を経由してRp2,000を、タマンミニの入口でRp9,000を徴収される。

高速道路の料金。

タマンミニの入場券。

どこかにタクシーの降車場があるのかと思ったが、そのまま中まで入っていく。行ってみて分かったが、タマンミニは敷地が広く、園内の移動は自家用車を使うのが普通らしい。駐車スペースが園内に何カ所もあり、そこに停車して、見学をするという場所のようである。それを知らずにタクシーに乗っており、渋滞に巻き込まれつつしばらく走ってもらってから、やっとそのことに気が付いた。タマンミニに入る際に、何度か「どこに行きたいの」と聞かれ、事情を知らずに、「だからタマンミニに行きたいのだ」と言っていたのだが、やっと自分が的外れな解答をしていたことに気がつく。

中途半端なところで降りても面倒なので、しばらく乗り続ける。ガルーダ・インドネシア航空のDC-9が見える。ここが交通博物館である。この前で降ろしてもらう。ここを目指していたのである。メーターはRp45,000を指していた。

ホテルを出てから2時間半が経過していた。

 

【2013/10インドネシア】

34,ジャカルタ3日目の夕食:2013/11/4【2013/10インドネシア】

35,ジャカルタ中心部からタマンミニへ:2013/11/5【2013/10インドネシア】【←本記事】

36,タマンミニ・交通博物館:2013/11/5【2013/10インドネシア】

 

【スポンサーリンク】



-インドネシアのバス, バス, 記録, 2013/10インドネシア

Copyright© ピーナッツの旅行記録 , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.