鉄道 記録 台湾の鉄道 2010/9台湾

27,高雄駅・台湾高速鉄道左営駅:2010/9/10【2010/9台湾】

投稿日:

【スポンサーリンク】



2010年9月10日金曜日。

8時に起床する。昨晩の天気予報では本日も雨だったはずだが、外を見ると晴れている。ただ、微妙な感じがしないでもない。

当初は、台南の観光をしようかと思ったが、観光中に雨に降られると面倒きわまりない。結局、鉄道散歩をしようかということになる。同行者の意向を聞き、吊りかけ駆動の自強号と台湾新幹線に乗ることにした。

ホテルで朝食をした後、まず高雄車站に行く。切符売り場で、高雄12時01分発の自強1020次を嘉義まで、斗六14時18分発の自強1024次を大甲まで購入する。紙に書いて駅員に見せたのだが、駅員は一瞬「えっ」という顔をするが、何も言わずに発券してくれる。普通の人であればこのような切符は買わないだろうが、鉄道ファンにとっては意味がある買い方である。自強1020次はEMU1200型、自強1024次はEMU300型、どちらも吊りかけ駆動車での運転である。

その後、台湾新幹線の切符を購入しに、高鐵の左營駅まで行くことにする。臺鐵に乗って新左營まで行こうと思ったのだが、すぐに列車がないので、捷運の駅へ行く。ちなみに、高鐵の左營駅は、臺鐵の新左營駅であり、捷運の左營駅である。臺鐵だけ駅名が違うのは、もともと臺鐵に左營駅があるからであろう。一般客にとってはわかりにくいのだが、改まる気配はない。

2010/9/10:高雄捷運:紅線:高雄車站→左營

捷運紅線の橋頭火車站行きに乗車。左營まで向かう。3両編成の地下鉄であるが、わりと人が乗っている。新幹線に乗り継ぐのか、左營で降りる人が多い。

左營まで来て驚いた。2007年3月に来たときとは比べものにならないほど発展していた。2007年の3月には、まだ駅の周りには何もなかった。ただ、今回は高層ビルが建っていたり、新光三越ができていたりと、駅前が賑やかになっている。そして、2007年と比べものにならぬほど、人も多い。

自動券売機があったので、そこで切符の購入を試みる。購入する列車は、台中を17時38分に出る左營行きの721次である。せっかくなので商務車を購入することにする。日本で言うグリーン車である。台中~高雄間は普通車と比べて1.4倍ほどの値段である。ただ、それでも1110元、日本円で2500円程度である。

ただ、自動券売機でクレジットカードを入れた段階でエラーが出る。台湾発行のカードでないと使うことができないのだろうか。よく分からないので、カウンターに行く。商務車専用のカウンターがあったので、そこで切符を購入した。学割があるか聞いてみたが、それはないらしい。商務車だからないのか、高鐵自体が学割の制度を持っていないのかは分からなかった。

左營駅にて。

【スポンサーリンク】



-鉄道, 記録, 台湾の鉄道, 2010/9台湾

Copyright© ピーナッツの旅行記録 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.