インドネシアのホテル ホテル 記録 2018/8インドネシア

8,パリアマン:ナン・トンガ・ビーチホテル(Nan Tongga Beach Hotel):2018/8/14【2018/8インドネシア】

投稿日:2019年9月16日

【スポンサーリンク】



ルブックアルンから乗車したシビヌアン(Sibinuang)は、10時34分にパリアマン(Pariaman)に到着した。

まだ午前中だが、今日乗るべきところはすべて乗車した。ここで宿泊するので、早速ホテルに向かう。本日のホテルは、パリアマンで唯一予約が取れたホテルである、ナン・トンガ・ビーチホテル(Nan Tongga Beach Hotel)である。

パリアマン駅からさらに先の方へ線路沿いに歩く。

道沿いに線路を渡って左側へ行くと、ホテルの門が見える。駅から徒歩5分くらいである。

フロントは2階建ての建物にある。ここでチェックインをする。

11時前であったが、早々にチェックインできた。部屋の等級はいくつかあり、スタンダードだと2000円台で泊まることができるのだが、今日は長時間ホテルで滞在するため、事前にジュニアスイートを予約していた。Rp500,000(3885円)也。

フロントのある建物にも客室はあるが、ジュニアスイートの部屋はフロントとは別棟であった。係員に部屋まで先導してもらう。

平屋のA1と書かれたドアから中に入る。

このドアを開けると、ソファーが用意された部屋がある。この部屋にはエアコンが付いておらず、蒸し暑い。

この部屋の中にさらにドアが3つあり、それぞれに101、102、103と書かれている。101号室が私の部屋であった。このような構造のホテルは今まで経験したことがない。親戚一同とか団体で宿泊するときには便利な構造かもしれない。

部屋は蒸し暑いが、エアコンのリモコンが部屋になく、案内してくれた係員が慌てて探しに廻る。部屋は、これといって特徴はない。狭くはないが、広くもない。ジュニアスイートという名前から想像される華美な感じはまったくない。

シャワーとトイレは、設計ミスなのではと思われるくらい広いスペースが用意されている。

ミネラルウォーターは2本がサービスである。

鍵。

部屋にタオルがなかったので、持ってきてもらう。

部屋ではネットがスムーズに繋がる。Wi-Fiのパスワードはフロントで教えてもらえた。

しばらくすると冷房が効いてきた。のんびりとする分には、特段問題のない部屋である。

 

ホテルの敷地内にはプールがあった。夕方は地元の子供たち向けだろうか、水泳教室がなされていた。

 

夜のホテル。全体的に宿泊客が少なく、また、カラオケなどの娯楽施設もないようで、静かな夜であった。

 

【スポンサーリンク】

 

朝食付きでホテルを予約していたので、朝食についてもここで記す。朝食は、平屋のレストラン棟があり、そこで食べることになる。

朝食はバイキング形式であった。もっとも、バイキングとはいえ、実質ナシゴレンのみであった。

ナシゴレンも、旨味がないというか、ただ辛いだけであり、正直なところ美味しいとは思えなかった。

 

【スポンサーリンク】



-インドネシアのホテル, ホテル, 記録, 2018/8インドネシア

Copyright© ピーナッツの旅行記録 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.