日本の鉄道 JR北海道 鉄道 記録 2010/2北海道

7,名寄から稚内へ:JR宗谷本線:2010/2/14【2010/2北海道】

投稿日:2019年6月13日

【スポンサーリンク】



2010/2/14:JR宗谷本線:普通:名寄→稚内

名寄からは、12時40分発の宗谷本線普通稚内行きに乗車して稚内へ向かう。

車内には簡易リクライニングシートの座席が並んでいた。転換はできず、集団見合い式の配置である。車内中央部には、大きなテーブルがあるボックスシートがある。

13時41分、音威子府に着く。

音威子府駅駅舎。山小屋風というのだろうか。

音威子府駅前。

音威子府駅の1階には、天北線資料室と有名な蕎麦屋がある。音威子府の蕎麦は黒いことで有名である。せっかくなので購入する。30円払うと列車に持ち込み可能な容器で出してくれるというので、それを買う。蕎麦をこぼさぬように列車に持ち帰り、座席で蕎麦を静かにすする。黒くて太い麺は歯ごたえがあり、美味しかった。

幌延には15時14分に到着する。ここで35分の長時間停車をする。列車に荷物を置いて外に出る。

幌延駅駅舎。

幌延駅改札口。

幌延駅には沿岸バスの窓口もあった。

幌延駅前。バス停があり、羽幌の方へ行くバスがでている。駅前は旅館が数軒と郵便局などがある。

少し離れたところから見た幌延駅。

旭川行きの普通列車と。

15時49分、幌延を出発する。

16時33分、抜海を出る。しばらくすると、進行方向左側に海が見える。

16時45分、南稚内に到着する。稚内の中心地である。終着の稚内まではあと1駅、たったの4分であるが、ここで札幌行きの特急と交換するために10分間停車する。

16時55分、南稚内を出る。

終点の稚内には16時59分に到着した。

座席が簡易とはいえリクライニングシートであったので、4時間の普通列車の旅は快適であった。

 

【キハ54形気動車の過去の乗車記録】

9,JR留萌本線:2009/3/10【2009/3北海道】

21,知床斜里から釧路へ:JR釧網本線:2006/8/1【2006/7北海道】

15,網走から知床斜里へ:JR釧網本線:2006/8/1【2006/7北海道】

 

【スポンサーリンク】



-日本の鉄道, JR北海道, 鉄道, 記録, 2010/2北海道

Copyright© ピーナッツの旅行記録 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.