飛行機 記録 アビアンカ【コロンビア】 2014/9コロンビア

30,サンサルバドルからロサンゼルスへ:アビアンカ528便:2014/9/19【2014/9コロンビア】

投稿日:2019年8月25日

【スポンサーリンク】



ボゴタからのアビアンカ362便は、13時55分にサンサルバドルに到着した。ここで15時05分発のアビアンカ528便ロサンゼルス行きに乗り継ぐ。

サンサルバドルで見られた飛行機。

 

2014/9/19:エルサルバドル空港:アビアンカVIPラウンジ(Avianca VIP Lounge)

僅かながら時間はあるので、ラウンジに向かう。ラウンジ内はそもそも工事中で狭いのに、混雑しているので、座席がない。しばらくすると、出発便の時間になったからか、少し空席ができた。

ロサンゼルスの他にも、ニューヨークやワシントンDCへ行く便がほぼ同時刻に出発するので、客が集中する時間帯である。軽食コーナーも、パンは十分にあるものの、それ以外の補充が追いついていない感じである。

 

【→エルサルバドル空港のラウンジについてはこちらも参照

 

14時20分頃にラウンジを出て、搭乗口へ行く。

一瞬目を疑う。搭乗口前で全乗客を対象とした手荷物検査が行われている。それもX線ではなくて人力である。10くらいのブースがあり、それぞれで係員が手荷物をすべて出してチェックしている。液体物や一部の食品は容赦なくゴミ箱に捨てられている。どうやらアメリカ線向けの検査のようである。エコノミークラスのレーンには長い行列ができている。ここにはビジネスクラスの優先レーンはあるものの、スターアライアンスゴールドの優先レーンはないので、必然的にエコノミーのレーンに並ばなければならない。

しかし、さすがに係員の手際は良く、列はどんどん進む。20分ほど並んで自分の順番が来る。スーツケースと鞄の中を全て開けられる。X線では確認できないような、植物やドラッグ、持ち出し禁止の食品の類の確認なのだろう。

この検査の途中に、もう一人の係官が身体検査をする。体全体をさわって、不審物がないかの確認しているようである。体を触ってくるのは若く美しい女性である。

荷物検査及び身体検査を終えると、さらに靴の検査がある。椅子に座るよう促され、靴を脱がされる。サンダルであっても、である。

 

2014/9/19:アビアンカ528便(AV528):サンサルバドル→ロサンゼルス:A321-200(N692AV)

検査を終えて搭乗口へ行くと、既に搭乗は開始されていた。機種はA321-200型機であった。アビアンカの塗装であるが、運航はTACA航空である。各座席にAVODのパーソナルテレビが設置されている。後で調べたら、行きにロサンゼルスからサンサルバドルまでで乗った飛行機と機体の番号が同じであった。後でWEBで確認すると、この機体は、サンサルバドルとアメリカ合衆国を行ったり来たりしているようであった。

搭乗券。

手荷物検査の混雑によるものからか、定刻になっても出発せず、15分遅れの15時22分に出発となった。

サンサルバドルを出るとすぐにメキシコに入る。この便のルートの大半はメキシコ上空である。

出発すると機内食が出される。遅い昼飯か早い夕飯か分からぬような時間である。チキンとビーフの選択で、チキンを選ぶ。ほとんど印象に残っていないので、不味いともうまいとも感じなかったのだろう。

音楽を聴きつつ、ネットブックで旅行記録を付けて過ごす。

メキシコを経てアメリカ合衆国に入るともう着陸である。ロサンゼルス時刻の19時10分、約5時間のフライトを終え、ちょうど夕暮れの時間帯に、ロサンゼルス国際空港に着陸する。サンサルバドルとは時差が1時間である。

着陸前の機内。

19時20分にターミナル2の搭乗口に到着する。ボーディングブリッジが取り付けられる。

入国審査へ進む。前に到着した便の客がほとんどはけていて、入国客は少なかったものの、一方の審査官も少なく、30分ほど並んだ。長々と質問されたあげくに別室に連れて行かれる人もチラホラといた。別室に送られなくても、書類の書き直しを命じられている人や、延々と尋問をされている人もいる。うんざりする。この後すぐにもう1便到着して、瞬く間に列は長くなった。

やっと自分の順番になるが、入国審査官のアジア系のおじさんの愛想はきわめて悪い。夜だから疲れているのだろうか。やる気のなさがあからさまである。「何日いるの?」とぶっきらぼうに聞いてくる。明日の夜行便で日本に帰国すると告げる。Eチケットを見せて証明しようとするも、興味がないのか手で制し、もうパスポートにスタンプを押している。その後の指紋採取および写真撮影は適当で、右手4本の指紋をとり、右手の親指の指紋を採り、カメラで撮影したところで、左手の指紋採取については何も言わず、早く行けと言わんばかりに手荷物引取所の方を指さした。

税関はフリーパスで、20時10分にターミナル2の外に出た。

 

【2014/9コロンビア】

29,ボゴタからサンサルバドルへ:アビアンカ362便:2014/9/19【2014/9コロンビア】

30,サンサルバドルからロサンゼルスへ:アビアンカ528便:2014/9/19【2014/9コロンビア】【←本記事】

31,ロサンゼルス空港からハリウッドへ:FLYAWAY:2014/9/19【2014/9コロンビア】

 

【スポンサーリンク】


 

【アビアンカのその他の搭乗記録】

28,メデジンからボゴタへ:アビアンカ9323便:2014/9/19【2014/9コロンビア】

9,ボゴタからメデジンへ:アビアンカ8436便:2014/9/15【2014/9コロンビア】

8,サンサルバドルからボゴタへ:アビアンカ383便:2014/9/15【2014/9コロンビア】

7,ロサンゼルスからサンサルバドルへ:アビアンカ521便:2014/9/15【2014/9コロンビア】

 

【スポンサーリンク】



-飛行機, 記録, アビアンカ【コロンビア】, 2014/9コロンビア

Copyright© ピーナッツの旅行記録 , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.