日本の鉄道 鉄道 私鉄(東) 記録 2005/11関東

3,鹿島鉄道:2005/11/26【2005/11関東】

投稿日:2019年5月25日

【スポンサーリンク】



盛岡からのビーム1号は、浜松町バスターミナルに6時10分に到着した。この日は、まず鹿島鉄道に乗ることとしていた。

2005/11/26:JR山手線:普通:浜松町→上野

石岡までの乗車券を購入し、山手線内回りに乗車し、上野まで行く。

2005/11/26:JR常磐線:普通:上野→石岡

上野で、6時46分発の常磐線勝田行きに乗り換える。当時はまだ415系電車による運行であった。

車内はまだ空いていたので、ボックスシートの部分に座った。早速、浜松町駅で買った朝飯を食べる。列車は、6時46分、定刻に上野を出発する。北千住、松戸、柏、我孫子と、停車駅ごとに客が乗ってくる。私の向かいと隣にも人が座った。

取手付近までは高層ビルも見えたが、取手を過ぎると徐々にのんびりとした風景に変わってくる。土浦までは混雑していたが、土浦で多くの人が降り、車内は、また当初の落ち着きを取り戻した。ここから石岡までは3駅であり、8時15分に石岡に到着した。

 

2005/11/26:鹿島鉄道:普通:石岡→常陸小川

石岡で鹿島鉄道に乗り換える。鹿島鉄道線は、石岡と鉾田の26.9kmを結ぶ鉄道路線である。

跨線橋を渡って鹿島鉄道のホームに行くと、そこに乗り換え改札があった。鹿島鉄道の駅員に浜松町からのきっぷを渡し、鹿島鉄道の1日乗車券を買う。1100円也。

8時17分発の常陸小川行きがすぐに発車するとのことだったので、石岡駅構内に停車していた旧型のディーゼルカーにも興味があったのだが、乗車することにした。車両は、鹿島鉄道では一番新しいKR-500型である。車内はセミクロスシートで、客は常磐線からの乗り換えと思われる3人だけであった。

どこかの駅の時刻表。

他の客は途中の駅で降りていき、終点の常陸小川まで乗ったのは私だけであった。

常陸小川駅の駅名標。

常陸小川駅は駅舎があり、有人駅であった。

駅周辺を歩いてみる。

 

駅に戻る。窓口で、鹿島鉄道に乗車した記念に、鹿島鉄道600型のチョロQを購入した。駅長が、ストーブの灯った事務室に招いてくださった。駅長はかなり訛りの強い方だったが、こちらが鉄道好きとわかると、鹿島鉄道の車両の話をしてくださった。特に、駅構内に静態保存されているDD901号機関車は、1954年製で、1両のみの製造であり、ロッド式という珍しさから、日本国内はもとより台湾からも鉄道ファンが訪れるとおっしゃっていた。

DD901号は、1955年に日本車輌で製造され、国鉄で数年使われた後に、常総筑波鉄道(後の関東鉄道)が購入し、後に、関東鉄道から分社化された鹿島鉄道で運用されたとのことであった。鹿島鉄道では2001年頃まで航空自衛隊百里基地へのジェット燃料の輸送を行っていたらしく、DD901号も1988年の廃車まではその任に携わっていたという。なお、DD901型の後を引き受けたDD13型機関車は、鹿島鉄道の百里基地への燃料輸送が終了した後、数年前に中国に輸出されたという。その車両は現在中国で活躍しているだろうとのことだった。

事務室を出て、DD901号ロッド式機関車を見に行く。私は機関車にはそこまで興味がないので、ロッド式と言われてもピンとこなかったのだが、台車を注意して見るように言われたのでその通りにする。確かに、最近よく見かけるディーゼル機関車の台車とは違い、むしろ蒸気機関車のそれと似ているように見える。それにしても、製造が1955年、廃車になったのが1988年というが、文字通りピカピカの状態で保存されており、錆一つ無いように見える。まるで今にも走り出しそうな感じであった。

再び駅舎に戻り、駅長になぜDD901号の保存について伺うと、やはり時々磨いているとのことであった。屋外で、常にこのような状態を保つのは難しいことであろう。

 

【スポンサーリンク】

 

2005/11/26:鹿島鉄道:普通:常陸小川→鉾田

9時09分発の鉾田行きは、常陸小川に来る時に乗った車両と同じ車両だった。

桃浦付近では、進行方向右側に霞ヶ浦を望むことができる。

玉造町では、石岡行きの列車と交換する。あちらは、1936年製の600型のようであった。とっさに乗りたいと思ったが、ここでスケジュールを変更すると、今後のスケジュールに支障をきたすためにやめておく。

鉾田には9時46分に到着した。

鉾田駅は、田舎の終着駅といった趣のある駅であった。駅前は関東鉄道のバスターミナルになっていて、鹿島や水戸に行くバスも1日に何本かあるようだった。

 

鹿島鉄道線は、この後、2007年4月1日に廃止となり、バス路線に転換された。廃線跡の一部はバス専用道として整備されたらしい。常陸小川駅で保存されていたDD901型は、鹿島鉄道線廃線直前の2007年2月に解体されたという。

【スポンサーリンク】



-日本の鉄道, 鉄道, 私鉄(東), 記録, 2005/11関東

Copyright© ピーナッツの旅行記録 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.