インドネシアの街めぐり 街めぐり 記録 2013/10インドネシア

26,チラチャップ(2):夕刻:2013/11/3【2013/10インドネシア】

投稿日:2019年8月14日

【スポンサーリンク】



夕方、ベチャ(人力車)をチャーターして街中や海沿いを走ってもらう。この運転手、先ほどショッピングセンターまで行ってくれた人だが、そこそこ英語を喋る。

ホテルを出発した17時頃はまだ日が照っていたが、だんだんと暗くなってきた。チラチャップ駅の近くを通る。ダムリの営業所がある。ジャカルタとスラバヤにバスが走っているという。

川には漁船がたくさん停泊している。

海沿いには、プルタミナ石油の大きなタンクが何台も並んでいる。チラチャップの雇用の大部分を占めているらしい。さもありなんと思う。

海に出た頃には、もう真っ暗であった。一気に日が落ちたという感じである。海沿いには、シーフードのバーベキューをしているレストランが多く並んでいる。このようなところで食べるのも楽しそうだと思うが、ここで食べた後、帰りにバイクが捕まるかも分からないので、やめておく。レストラン街の先には、服を売る店も並び、夜市のようである。しかし、レストランも衣料品店も、人気がない。

海岸沿いを離れて、ホテルに戻る。1時間足らずであったが、料金はRp250,000を請求される。日本であれば十分安いが、インドネシアにしては相当高いように感じる。「ちょっと高くないか」と言ったが、譲らない。最初に交渉することをすっかり忘れていたし、また、坂道があったこと、所々で観光案内もしてくれたので、そのまま払う。英語の観光ガイドを1人雇えばそれ以上になるのだろうから、相場通りと考えることも不可能ではない。よく分からない。

 

夕食は、結局ホテルで食べた。レストランでメニューを見せてもらうが、ありきたりのものしかない。シーフードはないのかと聞くと、別メニューらしく、テラスの魚の前に連れて行かれ、どれを食べたいかと聞かれる。迷っていると、「蟹はどうだ」と言われる。黒くて小さめの蟹で、バタムの市場でもよく見かけるやつである。値段を聞くと、重さを量り、Rp100,000位という。ご飯とサラダもセットらしい。あまり考えずに、「じゃあそれで」と言う。味付けを聞かれたので、あまり辛くはしないでほしいと伝える。サンバルは好きだが、あれを大量に使われるのはきつい。

これと同じ蟹だったかと。

テラスの席で待っていると、ゴロゴロと音がする。雷だろうか。降られたら面倒だなと思ったが、結局音だけで雨は降らなかった。

15分ほど待つと、調理された蟹がやってきた。茹でられて赤くなっている。食べ始めてから、えらく食いにくいことに気が付いた。そして、意外と身が少ない。それでも、蟹を、手と歯とフォークを使って壊しながら、身をしゃぶる。目の前には水の入ったボールがある。手で食べることを想定しているのだろう。とてもフォークとスプーンできれいに食べることはできない。

ソースはご飯と合って美味しい。サンバルの量が適量である。それに、蟹も、食いにくいことを除けば、悪くはない。黙々と食べる。メロンとパパイヤのフルーツサラダが出される。みずみずしくて美味しい。

料金はRp108,900。悪くはなかったが、今度同じような機会があったら、魚を選ぶと思った。

 

21時過ぎ、マッサージをお願いする。部屋にマッサージの割引券が置かれてあり、宿泊客は1時間半のコースをRp150,000でやってくれるという。部屋の電話が壊れていたので、フロントで予約する。10分位すると、若くて力のありそうな男性と、かわいらしい女性が来た。女性がサポート役で、男性がマッサージをしてくれるのかと思ったが、実際には逆であった。男性は、バスタオルを持ってマッサージ嬢を部屋まで誘導しただけで、そのまま帰っていった。

マッサージは全身のオイルマッサージであった。彼女はほとんど英語を解さないので、指差し会話帳を使いながら会話をした。ソロ出身の23歳、日本人をマッサージするのははじめてだと言う。マッサージ自体は大したことない。まだ経験が浅いのだろう。ただ、愛想が良い。虫さされを指摘され、腕を見ると、何カ所か刺されていた。90分しっかりとマッサージしてくれた。

 

【2013/10インドネシア】

24,チラチャップ:ホテルダファム・チラチャップ(Hotel Dafam Cilacap):2013/11/3【2013/10インドネシア】

25,チラチャップ(1):ショッピングセンターほか:2013/11/3【2013/10インドネシア】

26,チラチャップ(2):夕刻:2013/11/3【2013/10インドネシア】【←本記事】

27,チラチャップ(3):早朝:2013/11/4【2013/10インドネシア】

28,チラチャップ(4):海岸沿い:2013/11/4【2013/10インドネシア】

 

【スポンサーリンク】



-インドネシアの街めぐり, 街めぐり, 記録, 2013/10インドネシア

Copyright© ピーナッツの旅行記録 , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.