インドネシアの街めぐり 街めぐり 記録 2014/2インドネシア

20,スマラン:ポンチョル駅付近:2014/2/23【2014/2インドネシア】

投稿日:2019年8月17日

【スポンサーリンク】



2014年2月23日日曜日。この日はスマランで1日滞在する。

8時に起床する。体調がどうにもよくない。喉の痛みは良くなったが、鼻水がひどい。

とりあえず朝食を食べる。雨が降っており、町を歩く気にもならない。向かいのインドマレットに行き、ティッシュペーパーを購入して部屋に戻る。結局、二度寝する。12時半頃に起きる。

翌日の予定を考える。ボジョネゴロで乗り継いでスラバヤに行く計画であったが、この体調なので、早朝から動きたくはない。昨日、駅に行ったとき、スマランからソロに行く昼行列車が走っていることが分かったので、これに乗ろうと思う。ソロからジョグジャカルタは近く、ジョグジャカルタからスラバヤは飛行機がある。

ロビーにネットブックを持ち込み、インターネットでライオンエアの空席を見ると、ジョグジャカルタを16時05分に出るスラバヤ行きがRp401,000で購入できることが分かる。これを予約したい。フロントでプリンターを借りることはできないかと聞いてみると、無理とのことであった。近くにインターネットカフェはないかと聞いてみると、紹介してくれる。

もっとも、ライオンエアに空席があっても、ソロに行く列車に空席がなければ意味がない。14時頃にホテルを出て、まずポンチョル駅(Stasiun Semaran Poncol)に行く。駅のカウンターは2つしか開いておらず、10人くらいの列ができていた。最初の3人組みがやたらと時間がかかる。いったいどんな面倒な注文をしているのだろうかと思う。20分程度窓口を占領している。ひょっとしたら旅行代理店の人だったのかもしれぬ。後ろの人も、時計を見つつ「何でこんなに時間がかかるんだ」というようなことを言って苦笑している。その3人が終われば、後は割とスムーズに進んだ。14時50分、無事ソロまでの切符を購入できた。朝9時05分発、値段はRp25,000也。

次はネットカフェだが、その前に昼飯を食べる。屋台に入り、ナシラメスを頼む。はえが群がっており、衛生的には問題ありそうだが、もうあまり気にならなくなっている。ナシラメスは、作り置きの食材をご飯にぶっかけるだけなので、すぐに出される。店によって出てくるものが違うが、そういうものなのだろう。お米がべちゃっとしているのは、昨晩入った屋台と同じである。美味しかった。値段はRp10,000程度だったか。Rp50,000を出したらたくさんおつりが返ってきた。

 

インターネットカフェに行く。駅前の道をホテル方向に歩き、インドマレットの入った建物を過ぎたところで右に曲がる。踏切を渡って少し歩いたところにあった。たしかに"Warnet"の文字があり、のれんの向こう側にパソコンが並んでいるのが見えるが、きちんと見ていなければ気がつかずに通り過ぎてしまいそうである。

入り口にいたお姉さんに、航空券を購入して印刷をしたいのだがを使えるかと聞いてみる。こちらは指さし会話帳を使って尋ねる。あちらはグーグルの英語-インドネシア語の翻訳ソフトを使って説明してくれる。それによれば、プリンターはあるがインク切れとのことであった。これではだめである。礼を言って立ち去る。

 

【2014/2インドネシア】

19,スマラン初日の夜:2014/2/22【2014/2インドネシア】

20,スマラン:ポンチョル駅付近:2014/2/23【2014/2インドネシア】【←本記事】

21,スマラン:シンパン・リマ:2014/2/23【2014/2インドネシア】

 

【スポンサーリンク】



-インドネシアの街めぐり, 街めぐり, 記録, 2014/2インドネシア

Copyright© ピーナッツの旅行記録 , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.