日本の鉄道 鉄道 私鉄(東) 記録 2010/5関東

13,京王動物園線:2010/5/23【2010/5関東】

投稿日:2019年6月21日

【スポンサーリンク】



次に京王動物園線に乗るべく、多摩動物公園へ向かう。

雨の中、小田急多摩センター駅から多摩都市モノレールの多摩センター駅に移動する。屋根がない部分もあるので、短い距離ではあるが傘をさす。

2010/5/23:多摩都市モノレール:多摩センター→多摩動物公園

14時37分発の上北台行きのモノレールに乗車した。このモノレールに乗るのも10年ぶりくらいである。

車内はロングシートであった。前はクロスシートだったような気がしないわけではないが、どうだったであろうか。10年も前のことなので、あまり記憶にない。

車窓から。

多摩動物公園で降りる。

 

【スポンサーリンク】

 

2010/5/23:京王電鉄動物園線・京王線:急行:多摩動物公園→新宿

ここからは京王動物園線に乗車する。この路線は、多摩動物公園と高幡不動を結ぶ2kmの路線である。途中に駅はない。

信号を渡って京王の多摩動物公園駅に行く。

2番線に高幡不動行きのワンマン列車が停車している。5ドア車である。動物園線専属車両のようで、動物のラッピングがなされている。ただ、この列車には乗らない。

駅構内のパタパタ式ボード。

駅名標。

まもなく、隣のホームに、新宿行きの直通急行が入線する。こちらに乗車した。車両は8000系10両編成であった。

14時55分、定刻に多摩動物公園を出発した。雨であるからか、全く客が乗っていない。

高幡不動までは多摩都市モノレール線とほぼ併走する。高幡不動駅には14時58分に到着する。新宿へは先発の準特急が早く着くとのことであるが、急ぐ必要はないのでこの列車で行くことにする。

高幡不動で4分ほど停車し、準特急に道を譲る。

進行方向を変えて出発する。高幡不動を出ると、次は聖蹟桜ヶ丘に止まる。

聖蹟桜ヶ丘というと、スタジオジブリの「耳をすませば」が思い出される。実際の街並みは京王線の聖蹟桜ヶ丘駅付近をモチーフとしていることである。今度、時間があるときには、この駅で降りて、アニメのモデルとなった場所を歩いてみたいと思う。

分倍河原、府中、東府中、調布とこまめに停車し、各駅で客を乗せる。調布に着く頃には、座席がほとんど埋まった。終点新宿には15時44分に到着した。

 

2010/5/23:JR中央線:快速:新宿→東京

新宿から中央線で東京へ移動する。東京には16時10分頃に到着した。

帰りの仙台行きのバスは17時出発なので、それまで40分近く時間がある。まだ雨は降り続いているので、八重洲の地下街を歩きつつ、東北急行の東京駅八重洲通りのバス停に向かう。

先日朝飯を食べたなか卯に入って、遅い昼飯を食べる。和風牛丼。大盛470円也。

【スポンサーリンク】



-日本の鉄道, 鉄道, 私鉄(東), 記録, 2010/5関東

Copyright© ピーナッツの旅行記録 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.