日本の鉄道 鉄道 JR東日本 2020その他 記録

久里浜から東京へ:JR横須賀線:E217系:2020/9/25

投稿日:2020年9月28日

【スポンサーリンク】



横須賀線・総武快速線で現在運用に入っているE217系が製造されたのは、1994年から1999年である。製造数は745両、1次車から8次車まである。運用開始から20年以上が経過しており、2020年度よりE235系に置き換えが始まることが決まっている。

E217系にはこれまで何度か乗ってきたが、せっかくなので、簡単に乗れるうちに乗っておこうと思う。

 

2020/9/25:JR横須賀線:普通:久里浜→東京

2020年9月25日金曜日。

久里浜駅を夜22時39分に出発する千葉行きの列車に乗ることにした。この列車は千葉行きの最終列車である。

久里浜駅駅名標。

出発案内。

駅構内には何本か線路があり、奥にはE217系が電気を消して停車している。

 

定刻22時26分着の列車が折り返し39分の千葉行きになるようであるが、列車はなかなか来ない。22時30分を過ぎてから、駅構内に、線路内への立ち入りがあったために列車が遅れており、到着が22時40分になる旨が放送される。

22時40分、列車が到着する。折り返しの作業がばたばたと始まる。

列車には、ぱらぱらと客が乗っていたが、終点についても降りない客がいる。寝ている客も見かける。意図せずここまで来てしまった客もいるような感じである。

E217系の東京寄り3両はセミクロスシート車である。E235系では全車ロングシートになるという。

枕の部分が堅いのは有名なことらしい。

先頭11号車にはトイレがある。車いす対応ではない。車いす対応の大型トイレは1号車にある。

 

後ろの方へ歩いて行く。写真では分かりづらいが床がベコベコしている箇所があるのが気になる。

 

3両のセミクロスシート車を抜けると、その後はロングシート車である。

 

ドア。ドア上には小型の電光表示器がある。

 

今回はグリーン車に乗車した。

グリーン車の座席は、先日乗車したE231系などと基本は同じなのだろう。

平屋席。

 

1階席。平屋部と同じモケットである。座席は、床よりも一段高いところにある。

視点はだいぶ低い。

 

結局今回も2階席に乗車した。

 

グリーン券を登録したスイカを座席上に当てると、表示が赤から緑になる。

 

22時47分、隣のホームに、折り返し22時54分発東京行きの列車の到着した。その到着と入れ替わる形で、千葉行きの列車は久里浜を出発した。10分遅れの22時49分であった。

久里浜までの往路は京急で来たのだが、あちらの加速性能が相当に優れていた分、E217系の加速がかなりゆっくりに感じる。

横須賀には22時59分に到着した。

 

逗子には23時09分に到着した。ここで後ろに4両連結する。また、グリーン車にアテンダントが乗車した。4号車2階の客はまだ私だけである。

大船には23時24分に到着した。お客様対応に時間を要したとのことで、さらに遅れを2分追加し、12分遅れの23時26分に出発した。大船でグリーンアテンダントが交代した。たびたび、飲み物を持って車内を巡回している。

大船、横浜と停車するにつれ、グリーン車の客が増える。お酒を持ち込んでいる客が多い。あちらこちらから、ビールを開けるプシュという音が響く。

品川、新橋でさらに客が増えた。2人掛けに2人座っているところもある。

東京には12分遅れを保って0時12分に到着した。

 

【スポンサーリンク】



-日本の鉄道, 鉄道, JR東日本, 2020その他, 記録

Copyright© ピーナッツの旅行記録 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.