飛行機 ANA【日本】 記録 2016/11大阪

9,大阪から仙台へ:ANA731便:2016/11/14【2016/11大阪】

投稿日:2019年9月4日

【スポンサーリンク】



2016年11月14日月曜日。この日は、伊丹空港を8時15分に出るANA731便で仙台に戻る。

6時15分に起きる。

2016/11/14:大阪空港交通:大阪駅前(マルビル)→伊丹空港

ホテルの食事を食べていると飛行機に間に合わない。チェックアウトを済ませ、ホテルの前を6時45分に出る伊丹空港行きのバスで、伊丹空港へ向かう。伊丹空港には7時10分に到着した。

月曜日だからだろうか、搭乗手続カウンターの混雑は尋常ではなかった。2階の手荷物検査場の混雑も長く、係員が入場規制を行っている。

2階の上級会員用のカウンターでチェックインを済ませ、マイレージの登録をする。

喫茶店で朝飯を食べる。

 

【スポンサーリンク】

 

2016/11/14:ANA731便(NH731):大阪→仙台:B777-200ER(JA743A)

仙台までは8時15分発のANA731便を利用する。

上級会員用のレーンがあるので、ここで保安検査を受ける。一般の保安検査と比べればマシであるが、こちらも行列は長く、いつもよりも時間がかかった。先日、ANAではいわゆる「立ち乗り」問題が起きたばかりで、保安検査場での搭乗券確認もいつもに増して丁寧に行われていた。これが行列の原因だろう。それにしても、至るところから舌打ちが聞こえたような気がする。客が殺気立っている感じであった。

この手荷物検査に時間がかかり、検査を終えたときには既に8時を過ぎていた。ラウンジに行く時間はない。7番搭乗口へ急ぐ。急ぎ足で向かっていると、ANAの係員が、「仙台行きですか。まだ大丈夫ですのでごゆっくりどうぞ」などと言う。

搭乗券。

無事8時05分過ぎには搭乗した。機材はB777-200ER型機であった。思えば、横10列のB777型機に搭乗したのははじめてである。国内線であれば別に問題はない。

手荷物検査場があのような状況であるから、当然に定刻で出発出来るわけはない。私が搭乗したときには空席が多かったが、徐々に座席が埋まり、満席ではなかったと思うがそこそこの搭乗率となった。

定刻を24分遅れて8時39分に伊丹空港を出発する。客室乗務員は、「保安検査場の混雑でご迷惑をおかけしました」と放送していた。

飛んでしまえば、後は早い。ドリンクサービスがあり、一眠りしていると、すぐに仙台である。

9時50分、定刻20分遅れで仙台空港の5番搭乗口に到着した。

 

<【2016/11大阪】・完>

 

【スポンサーリンク】



-飛行機, ANA【日本】, 記録, 2016/11大阪

Copyright© ピーナッツの旅行記録 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.